白馬の王子に選ばれる女子とは?

白馬の王子に選ばれる女子には特徴が存在しています。

まず、白馬の王子に選ばれる女性は、
何事も真剣に取り組む頑張り屋さんの性格の方が多くなっているのです。
何事も真剣に取り組んでいる女性は
異性の目から見ても魅力的に映りますし、
一緒にいることでお互いに高め合っていくことができる、
と判断されやすくなるのです。
今まで、自堕落に生活を送ってきた方は、
真剣に取り組める事柄を見つけてみるとよいでしょう。

さらに、白馬の王子に選ばれる女子として、
自立心を持っていることも重要になってきます。
白馬の王子を探している女子の中には、
男性に頼って生活を行いたいと思っていたり、
他力本願で楽な生活を送りたいという本音を隠し持っていたりしますが、
自分でも自立心を持って生活する気概がないと、
男性も重くなってしまい気持ちが離れやすくなるのです。
何でも一人でできる女性の場合には、
男性も女性に対してコンプレックスを持ってしまうのですが、
過度に男性に頼りきりでも負担となってきますので、甘える時には甘え、
出来ることは自分で対処できるだけの能力を付けておきましょう。

白馬の王子は、
頑張り屋の女子や自立心を持っている女子に惹かれる傾向がありますが、
おしゃれに気を配っている女子にも魅力を感じています。
おしゃれをすることによって自分に自信を持つことができます。
自分に自信のある女子は、何事に対しても積極的に行動ができます。
(女子力メンテナンスにはミュゼ博多駅前オススメです。)
自分の魅力に合ったおしゃれを引き出すことができるように、
普段からファッションだけではなく
髪型やメイク方法、スキンケアなどにも気を配ってみるとよいでしょう。

白馬の王子と呼べる男のスペックは?

女性にとって白馬の王子様は、憧れだと思っている人も多いでしょう。

少女漫画で主人公の女性をいつも助けてくれる伯爵家の御曹司、
なんていうイメージを持っている人も多いと思います。
しかし、現実にはなかなかそのような人は現れてはくれません。
中にはずっと白馬の王子様を待っているという人もいるかもしれませんが、
白馬の王子と呼ばれる男の人のスペックは、と聞かれると、
なかなか具体的にはイメージできないものです。

例えば、何かあればすぐに駆けつけてくれる人、または笑顔が素敵な人、何事にも気が付く人
今流行のIPO(※)などの投資でサクっと稼いじゃう人など、
(※IPOでLINE株ゲット!
その要素は結構簡単に揚げられますが、
ではその要素を見たしていればそうなのか、というと、、、、、
実際はそうでもないですよね。

実際にその要素を満たしている人は結構周りにいるのですが、
なぜか直感的に合わない、というか違うと思ってしまう人も多いものです。

そもそも、白馬の王子様というのは、
待っていると来るというものではないのです。
自分が何か窮地に立たされたときなどに、
さりげなく助けてくれる男の人が白馬の王子様という事になるのでしょうね。
ですから、そのスペックがどうとか言うのは意外と定義されないものなのでしょう。

あなたが困っているときや、助けてほしいと思っているときに
何気なく助けてくれる男の人が
あなたにとって白馬の王子様になる可能性があるのです。
そのスペックは決して定義できるものではなく、
もしかすると、今までほとんど気にもならなかった隣の席の後輩クン、
なんてことも有ったりするのです。

白馬の王子っぽい有名人

白馬の王子といってイメージする有名人は誰でしょう。

まず、白馬の王子とはどんな人を指すのでしょうか。
高身長、スマート、知的、上品、爽やか、笑顔がステキ、優しそう。
まだまだありそうだけれど、こんなところかなと思います、白馬の王子像。

では、この条件に合う有名人はというと、
今だったら福士蒼汰君が思い浮かびます。
朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍ブレーク。
東北訛りの「ずぶん先輩」を演じていた彼は183センチの高身長。
語学堪能で、仲良し家族の中で育った品の良さや優しさも感じられます。
もちろん可愛い笑顔と爽やかさも兼ね備えています。
数々のドラマや映画で、
主人公や主人公の彼氏役に引っ張りだこなことが福士君。
白馬の王子っぽさの証明になるのではないでしょうか?

他には有名人で白馬の王子条件に当てはまる人は、向井理さん。
明治大学農学部を卒業し、語学も堪能な高身長イケメン。
爽やかさや上品さも漂っているので、王子様度が高く感じます。

そして、少しオトナな白馬の王子となりますが、福山雅治さん。
45歳を過ぎても衰えないビジュアルと人気。
福山さんもまた高身長の王子様です。
聞く人を楽しませる話術は回転の速い頭のなせる業。
そして、下ネタトークでも決して下品にならない品の良さ。
福山さんが白馬に乗って迎えに来てくれることを
心待ちにしている女性が何人いるか調査したら、、、、、
おそらく恐ろしい数になるでしょう。

今挙げた3人は白いタイツの王子様ファッションも難無く着こなせそう。
実際にはなかなか目の前現われることのない白馬の王子を
メディア越しに楽しむ毎日です。

白馬の王子をゲットするために

白馬の王子をゲットするためには、容姿を磨いておく必要があります。
容姿が美しい女性は、男性にも注目してもらうことができますし、
よりスペックの高い男性からも注目してもらえるようになるのです。

ashi
せっかく元々の美しさを持っていても、
異性からの目を気にしない生活を送っていることで、
お肌の老化が進んでしまったり、太りやすくなってしまいますので、
ミュゼ新潟などのエステサロンなどを利用して、脱毛やエステ、ネイルなど
常に美容を磨くことを心がけてみるとよいでしょう。

また、白馬の王子をゲットするためには、
外見だけではなく中身も磨いておく必要があります。
容姿の点ばかりに気を取られ、内面の美しさを疎かにしてしまうことで、
白馬の王子にもそっぽを向かれてしまうのです。
美しさに惹かれて付き合うことができたとしても、
肝心の優しさや包容力がなければ、
付き合っていく中で男性にも愛想を尽かされてしまいますので、
内面を充実させるための鍛錬も行うようにしましょう。

白馬の王子をゲットするためには、
外見と内面を磨いておく必要があるのですが、
積極的に出会いを求める必要もあります。

出会うために自分磨きを行っていても、
白馬の王子が現れそうな場所に出向いていかなければ、
出会うこと自体できなくなってしまうのです。

出会いを求めるためには、条件の良い男性を友人から紹介してもらったり、
多くの異性と一度に出会うことができる合コンなども積極的に利用して、
出会いのために自分から動くように心がけてみるとよいでしょう。

白馬の王子は待ってもこない

まわりが結婚ラッシュになる中、ちょっと焦ってきた管理人です。
最近はもっぱら仕事のあとは自分磨きに時間をかけています。
英会話や料理教室に通ったり、
エステサロンもデビューしました。(参考→「ミュゼ大谷地店」
いつか王子に出会う日のために。(笑)

先日ドラマを観ていたら、
三十路のモテない女子が毎日利用するバス停に、
白馬に乗った王子様がやってくるシーンがありました。

このシーン自体が、妄想なのですが…。
やってくるわけがない。

ただ、ただバス停で待っているだけで白馬の王子がやってくるわけがない。
10代の女の子ならばいざ知らず。
20代にもなれば、
白馬の王子は待ってもこないということに薄々気づくはずです。
そして無情にも時間が流れれば流れるほど、
白馬の王子は待ってもこないことを確信するようになるのです。

では、白馬の王子に出会うことなんて一生ないのでしょうか?
いいえ。
白馬の王子は待ってもこないだけであって、
出会えないわけではないのです。

待ってもこないならば迎えに行かねばなりません。
もしくは白馬の王子が目の前を通過してしまいそうになったときに、
彼の目に留まり彼を引き留めるだけの魅力を
身につけなければならないのです。

馬に乗った人間の目線がどれだけ高いかご存知でしょうか?
馬の体高がおよそ1.5メートル。
そこに騎乗するわけですから
王子様の目線は2メートルを超える高さにあるわけです。
2メートル以上の高さから女性を見ても、まぁ、良く見えないでしょう。
だからこそ、こちらから迎えにいくことが必要だったり、
馬の前に立ちはだかることが必要になるのです。
もしくは高い場所から見られても、
良く見えるキラキラとした魅力を放ちまくらなければならないのです。

きっと白馬の王子なんて、馬に乗って姫を探している時点で、
なんの努力もしていない女子のことを素通りする気満々なのです。
だから自信を持って王子を引き留められるよう自分磨きが必要です。
いつか王子に出会う日のために。

白馬の王子の由来

女の子は、誰もが夢をみる時期があります。
映画やドラマのように、
いつか自分の前に白馬の王子が迎えにきてくれることを
待っているときがあります。
本当に、白馬の王子がいるとは考えていませんが、
それに近い運命の男性が現れるのを夢みています。

昔から、よく聞くこの白馬の王子の由来はどこからきているのでしょう。

諸説ありますが、
有力なのはグリム童話の「白雪姫」の王子様と言われています。
白雪姫が毒りんごで死んで、
ガラスの御棺に入れられているところに現れるのが
白馬に乗ってくる王子になります。
ここで、問題になるのがなぜ白馬に乗っているかということです。

mori

これにも、由来があります。
まず、この当時白は良い人、黒は悪人のイメージが強くあるからです。
やはり、白雪姫を助けるヒーローは白い馬に乗る必要がでてきます。
そして、由来としては、
ナポレオンが白馬に乗っている絵画があることからでも推測できます。
神聖ローマ時代まで、ヨーロッパで血統の馬に乗れるのは
当時は高貴な人に限定がされていました。
このようなことから、日本でも白馬の王子というイメージが付いています。

夢を見ることは、大切ですが、
いつまでもこない白馬の王子をただ待つだけでは幸せにはなれません。
白雪姫のように、ただ待つのではなく
自分から行動することで自分だけの王子に出会うことは可能です。
周囲を、見てみると意外と自分の近くにいることもよくあります。
おとぎ話には、続きがあります。